WordPressで必須のSEOプラグイン- All in One SEO Pack

 

WordPressでサイトやブログを運営する上で必須のSEOプラグイン「All in One SEO Pack」をご紹介します。

このプラグインの有無でSEOの難易度が圧倒的に変わります!

最大のメリット:<title>を自由に設定可能

WordPressを利用したサイト・ブログの多くで見られるのが、投稿画面で入力したタイトルがそのまま<title>タグのテキストに設定されているケースです。

かつ、「この投稿のタイトル+サイトのタイトル」というケースが最も多いかもしれません。

例えば、こんな感じです。

▼Google検索結果ページでの表示

Google検索結果

タグのテキストがまさに「投稿のタイトル+サイトのタイトル」です。

▼投稿のタイトル

Wordpress投稿画面のタイトル

この投稿画面で設定したタイトルのテキストが、当該ページのメインテキストに。
#このブログはWordpressのテーマとしてSTINGERを利用していますが、STINGERでは投稿画面のタイトルが設定されます。

Wordpress投稿画面で設定したタイトルがページのメインテキストに

▼サイトのタイトル

Wordpressサイトのタイトル

上記の2つの設定が組み合わさり、「投稿のタイトル+サイトのタイトル」である
「Macで使える会計ソフトがない! – 色々ぶろぐ。」
がタグのテキストに設定されています。

All in One SEOプラグインを使うと投稿画面の下部に以下のような欄が追加され、任意にタグのテキストを設定可能です。

Wordpress投稿画面 All in One SEOで<titel>タグを設定

また、投稿だけでなく「固定ページ」でも同様に<title>タグを自由に設定可能です。

Wordpress固定ページでも<title>タグを設定

<title>タグを自由に設定出来るメリット/重要性

<title>タグのテキストは、SEO上、非常に重要です。

理由は、
・<title>タグのテキストに含まれたキーワードが検索エンジンで重要視されており、検索結果での表示順位に大きく影響する
・検索結果で表示された際、クッリク可能な見出し部分に<title>タグのテキストが表示されるため、検索結果でのクリック率に大きく影響する
ためです。

一方で、サイト・ブログの見出しは、言うまでもなくそのページを読んでもらう・内容を適切に伝えるのに非常に重要です。

ここで「SEOの観点で使いたいキーワード・テキスト」と「ページ本来の見出しで使いたいキーワード・テキスト」が必ずしも一致しない場合があります。

この際、このAll in One SEO Packプラグインが非常に役立ちます。

<title>から「サイト名」(サイトのタイトル)を削除出来る

また、<title>タグのテキストから「サイト名」or「ブログ名」(先述の「サイトのタイトル」)を削除出来ることも非常に重要です。

先述の例では、「投稿のタイトル+サイトのタイトル」で
「Macで使える会計ソフトがない! – 色々ぶろぐ。」
というテキストが<title>タグに設定されました。

先述の通り、検索エンジンは<title>タグのテキストに含まれるキーワードを重要視します。

その中、「Macで使える会計ソフトがない! – 色々ぶろぐ。」では検索エンジンが「色々」「ぶろぐ」という2つのキーワードも拾ってしまいます。

この結果、本来重視して欲しいキーワードである「Mac」「会計ソフト」への重み付けが減少してしまいます。

つまり、仮に100点が持ち点とすると、「Mac」「会計ソフト」「色々」「ぶろぐ」の4つで25点ずつ配分されてしまいうのに対して、「色々ぶろぐ」を削除した「Macで使える会計ソフトがない!」を<title>に設定すれば、「Mac」「会計ソフト」に50点ずつ配分されることになります。
#このロジックは単純化したものです。

まして、このブログ名(先述のサイトのタイトル)「色々ぶろぐ。」はSEOの観点では全く使えないテキスト・キーワードです。

逆に、サイト名やブログ名(サイトのタイトル)に狙っているキーワードが含まれている場合、<title>タグに標準で入れることも十分あり得ます。

デフォルトの<title>タグも変更可能

ここまでは、<title>タグのテキストを任意に設定可能という点を記載してきましたが「そんなの面倒!」とか「サイト名・ブログ名さえ削除出来れば十分」という方もいると思います。

また、実際、それで十分な場合もあり得ます。

そんなニーズには、All in One SEO PackプラグインのGeneral Settingsで<titile>タグのデフォルトテキストを設定することで対応可能です。

例えば、以下の設定では、
・固定ページでは「投稿タイトル + ブログタイトル」
・投稿ページでは「投稿タイトル」
がデフォルトになります。

Wordpress All in One SEOプラグインでデフォルト<title>を設定

この設定の場合、前掲の投稿画面下部に追加されたタグのテキスト入力欄に何も入力しなければ、先述の通り、
・固定ページでは「投稿タイトル + ブログタイトル」
・投稿ページでは「投稿タイトル」
が設定されます。

変えたい時だけ、テキスト入力欄に任意のテキストを入力してタグを変更します。

その他にもタグのdescriptionも任意に設定可能であったり、このAll in One SEOプラグインは、SEOという観点で非常に便利なプラグインです。

All in One SEO Packのインストール方法

WordPressのプラグイン”All in One SEO Pack”は、
プラグイン > 新規追加 > “All in One SEO Pack”で検索
することで、以下の通り、プラグインが見つかりますのでインストール&有効化すれば利用可能です。

WordpressプラグインAll in One SEOのインストール

アクセスのないサイト・ブログほど意味のないものはありません。(通常、人に見てもらうのが目的ですよね?)そのためには、SEO(Search Engine Optimization)を無視するわけにはいきません。

WordPressでサイト・ブログを運営されている方は、是非とも、この”All in One SEO Pack”プラグインをご利用ください。

なお、「バズ部」さんで、より詳しく網羅的にAll in One SEO Packの使い方を解説してくれている記事がありますので、こちらもご参照ください。

関連記事:
All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に
“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ

スポンサード リンク

  関連記事

ブログで収益を得る・稼ぐ方法まとめ

今までばらばらとブログで収益を得る・稼ぐための参考情報を公開してきましたが、一度 …

アドテクノロジー:cookie sync
アドテクのcookie sync – DSPとDoubleClick Ad Exchange

アドテク(アドテクノロジー)では、cookie sync(クッキーシンク)と言わ …

Google Analytics
「ディスプレイ広告主向けの機能を有効にする」が上手く動作しない– Google Analytics

Google Analyticsが提供を開始している「ディスプレイ広告主向けの機 …

スマホ広告のnend(ネンド)
スマホスクロール型広告「nend」の成果報告 – CTRとeCPMを公開

先日当サイトに導入してみたスマホスクロール型広告の「nend(ネンド)」を試験導 …

eCPMとCPMの違い
eCPMとCPMの違い

eCPMとCPMの違いをご存知でしょうか? 何となく「eCPM=CPM」として認 …

stinger-wordpress-popular-posts
“WordPress Popular Posts”の表示をSTINGER5に合わせてみた

当ブログでも利用している人気記事を表示するプラグイン”WordPre …

↑PageTop