All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

 

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2.2.4.1で“noindex”を指定しても”nonoindex”となってしまうバグを修正しました。

“Fixed bug reported with noindex incorrectly added as nonoindex”とのことです。

下図の通り、バージョンアップの案内が表示されました。

All in One SEO Packのバージョンアップ案内

具体的には、このバグを確認するために私が用意したページ「All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ」のソースを確認しました。

■バグ修正前のソース
All in One SEO Packのバグで"noindex"が"nonoindex"に

■バグ修正後のソース
All in One SEO Packのバグ修正後のHTMLソース

これで安心して”noindex”を指定出来ます。

関連記事:“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
関連記事:All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ
#All in One SEO Packをバージョンアップしたため、現在は確認出来ません。

  関連記事

WordPress Popular Postsのキャッシュクリア
WordPress Popular Posts の動作テストデータを削除する方法

人気記事を表示するWordpressのプラグイン”WordPress …

google adsense
AdSenseの広告タイプの設定が機能していない

先日、当ブログのPC表示で最上部に表示されるAdSenseのビッグバナー(728 …

OGPのFacebook Object Typeに"blog"を選択するのは注意
OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

WordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を …

CPM単価を上げる方法

インプレッション課金型広告(CPM)による収益を上げる方法があります。 前提とし …

Google AdsenseのRMPとeCPMの違い
AdSenseのRPMとeCPMの違い

AdSense(アドセンス)では”eCPM”ではなく&# …

↑PageTop