All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

 

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2.2.4.1で“noindex”を指定しても”nonoindex”となってしまうバグを修正しました。

“Fixed bug reported with noindex incorrectly added as nonoindex”とのことです。

下図の通り、バージョンアップの案内が表示されました。

All in One SEO Packのバージョンアップ案内

具体的には、このバグを確認するために私が用意したページ「All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ」のソースを確認しました。

■バグ修正前のソース
All in One SEO Packのバグで"noindex"が"nonoindex"に

■バグ修正後のソース
All in One SEO Packのバグ修正後のHTMLソース

これで安心して”noindex”を指定出来ます。

関連記事:“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
関連記事:All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ
#All in One SEO Packをバージョンアップしたため、現在は確認出来ません。

スポンサード リンク

  関連記事

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

STINGER5でnend(ネンド)が表示されない場合の解決策

スマートフォン広告の「nend」を当ブログにも試験的に採用してみました。 いわゆ …

日本のCPMは安いのか?

インプレッション課金型広告で用いられる主要な指標である”CPM&#8 …

google adsense
アフィリエイト(A8)のクリック数がAdsenseのクリック数の8.2倍

当ブログの先月データでは、アフィリエイト(A8)クリック数がAdsenseクリッ …

CSSが反映されない場合は最初にキャッシュを疑いスーパーリロード
WordPressのスタイルシート(CSS)を編集しても反映されない場合

WordPressのテーマのスタイルシート(CSS)を編集しても表示に変化がない …

↑PageTop