All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

 

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2.2.4.1で“noindex”を指定しても”nonoindex”となってしまうバグを修正しました。

“Fixed bug reported with noindex incorrectly added as nonoindex”とのことです。

下図の通り、バージョンアップの案内が表示されました。

All in One SEO Packのバージョンアップ案内

具体的には、このバグを確認するために私が用意したページ「All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ」のソースを確認しました。

■バグ修正前のソース
All in One SEO Packのバグで"noindex"が"nonoindex"に

■バグ修正後のソース
All in One SEO Packのバグ修正後のHTMLソース

これで安心して”noindex”を指定出来ます。

関連記事:“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
関連記事:All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ
#All in One SEO Packをバージョンアップしたため、現在は確認出来ません。

スポンサード リンク

  関連記事

WordpressのテーマSTINGER5
STINGER5で広告を最適化

WordPressの無料テーマとして有名なSTINGERシリーズの最新版「STI …

セッション・PV数の季節要因の大きさ

多かれ少なかれ、どのサイトでも起きる現象だと思いますが、当ブログは、セッション数 …

google adsense
DSPのパフォーマンス比較(Google AdSenseから読み取る)

Google AdSenseのレポートの中には「広告ネットワーク」というレポート …

STINGER5でnend(ネンド)が表示されない場合の解決策

スマートフォン広告の「nend」を当ブログにも試験的に採用してみました。 いわゆ …

STINGER5にAll in One SEO PackでOGPを設定
STINGERでOGPを簡単に設定する方法

WordPressの無料テーマ「STINGER5」では、OGP(Open Gra …

↑PageTop