All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

 

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2.2.4.1で“noindex”を指定しても”nonoindex”となってしまうバグを修正しました。

“Fixed bug reported with noindex incorrectly added as nonoindex”とのことです。

下図の通り、バージョンアップの案内が表示されました。

All in One SEO Packのバージョンアップ案内

具体的には、このバグを確認するために私が用意したページ「All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ」のソースを確認しました。

■バグ修正前のソース
All in One SEO Packのバグで"noindex"が"nonoindex"に

■バグ修正後のソース
All in One SEO Packのバグ修正後のHTMLソース

これで安心して”noindex”を指定出来ます。

関連記事:“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
関連記事:All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ
#All in One SEO Packをバージョンアップしたため、現在は確認出来ません。

スポンサード リンク

  関連記事

eCPMとCPMの違い
eCPMとCPMの違い

eCPMとCPMの違いをご存知でしょうか? 何となく「eCPM=CPM」として認 …

OGPのFacebook Object Typeに"blog"を選択するのは注意
OGP設定項目”Facebook Object Type”に注意 – “Blog”は消えた選択肢?

WordPressのプラグインである「All in One SEO Pack」を …

social_sumnail
ソーシャルの拡散効果がはっきり分かるGoogle Analyticsのレポート

facebook、twitterなどソーシャルの拡散効果がはっきり分かるデータが …

広告をクリックしやすいユーザの存在

アフィリエイト中心のサイトで実験的にAdwordsを利用しました。具体的には、検 …

A8に登録されている色々なSEOサービス
正解が分からないSEOは怖い!

SEOの正解は誰にもわかりません。 理由は簡単で、Googleなどの検索エンジ …

all_in_one_seo_otoshiana
All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に

WordPressで必須プラグインの”All in One SEO …

↑PageTop