All in One SEO Packのバグ”nonoindex”が修正

 

All in One SEO Packは、2015年1月2日にリリースされた2.2.4.1で“noindex”を指定しても”nonoindex”となってしまうバグを修正しました。

“Fixed bug reported with noindex incorrectly added as nonoindex”とのことです。

下図の通り、バージョンアップの案内が表示されました。

All in One SEO Packのバージョンアップ案内

具体的には、このバグを確認するために私が用意したページ「All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ」のソースを確認しました。

■バグ修正前のソース
All in One SEO Packのバグで"noindex"が"nonoindex"に

■バグ修正後のソース
All in One SEO Packのバグ修正後のHTMLソース

これで安心して”noindex”を指定出来ます。

関連記事:“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ
関連記事:All in One SEO Pack “nonoindex”確認ページ
#All in One SEO Packをバージョンアップしたため、現在は確認出来ません。

スポンサード リンク

  関連記事

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

STINGER5のスクロール広告が中途半端に表示される現象を解決!
STINGER5のスクロール広告が中途半端に表示される問題を解決!

WordPressの無料テーマであるSTINGER5を利用させて頂いているのです …

ヤフープロモーション広告
Yahoo!プロモーション経由のユーザはAdSenseをクリックしない

私は往々にしてアフィリエイトとAdSenseを併用しています。 その中、あるサイ …

CSSが反映されない場合は最初にキャッシュを疑いスーパーリロード
WordPressのスタイルシート(CSS)を編集しても反映されない場合

WordPressのテーマのスタイルシート(CSS)を編集しても表示に変化がない …

STINGER5でnend(ネンド)が表示されない場合の解決策

スマートフォン広告の「nend」を当ブログにも試験的に採用してみました。 いわゆ …

↑PageTop