AdSenseのRPMとeCPMの違い

 

AdSense(アドセンス)では”eCPM”ではなく”RPM”という指標が用いられています。

RPMという指標、Adsense以外では目にしないため、Adsense利用者の多くは一度は調べてみたのではないでしょうか?

結論から言うと”RPM”と”eCPM”に違いはありません。

RPM=eCPM です。

PRMもeCPMも計算式は、
・RPM(eCPM)=(推定収益額/ページビュー数)×1,000
です。

この見解は、Adsense 日本語版 公式ブログ「Inside AdSense」の「eCPMとRPMの意味について」で公式見解として以下の通り示されています。

AdSense の旧管理画面では eCPM という単語が使用されており、新しい管理画面では RPM という単語が使用されていますが、実際はこの 2 つの単語の意味に違いはありません。両方とも、広告表示 1,000 回あたりの推定収益額を表しています。

特に意識せず、RPM=eCPMと脳内置換して捉えれば問題ありません。

ただし、AdsenseでのPRM(=eCPM)は、一般的によく言われる「CPC型広告を1,000imp当りの広告費に換算した指標」とは必ずしも限らない点に注意して下さい。

AdsenseのPRM(=eCRM)は、CPC、CPMなど、課金モデルにかかわらず得られた収益を1,000imp当りに換算しています。

CPCとCPMを合算してeCPMへ変換した具体例

詳しくは、
参考記事:eCPMとは?
参考記事:eCPMとCPMの違い
をご覧下さい。

関連記事:
ブログで収益を得るための基礎知識 – 広告の種類
Adsense公式アプリは早くてサクサク
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
AdSenseで使う用語解説

  関連記事

google adsense
Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました

Google AdSenseの新広告「ページ単位の広告」を試してみました。 ペー …

STINGER5とAll in One SEO PackでOGP設定する際はアイキャッチ画像のサイズに注意
STINGER5 × All in One SEO PackでOGPを設定する際は画像サイズに注意

WordPressの無料テーマであるSTINGER5 + SEOプラグインの&# …

google adsense
Adsense公式アプリは早くてサクサク

Google AdSenseの公式アプリ「Google AdSense」は、表示 …

STINGER5でnend(ネンド)が表示されない場合の解決策

スマートフォン広告の「nend」を当ブログにも試験的に採用してみました。 いわゆ …

AdsenseとKauliのeCPM比較

私は複数のブログでAdsenseとKauliを利用しています。 そこで、先月分の …

↑PageTop