AdSenseのRPMとeCPMの違い

 

AdSense(アドセンス)では”eCPM”ではなく”RPM”という指標が用いられています。

RPMという指標、Adsense以外では目にしないため、Adsense利用者の多くは一度は調べてみたのではないでしょうか?

結論から言うと”RPM”と”eCPM”に違いはありません。

RPM=eCPM です。

PRMもeCPMも計算式は、
・RPM(eCPM)=(推定収益額/ページビュー数)×1,000
です。

この見解は、Adsense 日本語版 公式ブログ「Inside AdSense」の「eCPMとRPMの意味について」で公式見解として以下の通り示されています。

AdSense の旧管理画面では eCPM という単語が使用されており、新しい管理画面では RPM という単語が使用されていますが、実際はこの 2 つの単語の意味に違いはありません。両方とも、広告表示 1,000 回あたりの推定収益額を表しています。

特に意識せず、RPM=eCPMと脳内置換して捉えれば問題ありません。

ただし、AdsenseでのPRM(=eCPM)は、一般的によく言われる「CPC型広告を1,000imp当りの広告費に換算した指標」とは必ずしも限らない点に注意して下さい。

AdsenseのPRM(=eCRM)は、CPC、CPMなど、課金モデルにかかわらず得られた収益を1,000imp当りに換算しています。

CPCとCPMを合算してeCPMへ変換した具体例

詳しくは、
参考記事:eCPMとは?
参考記事:eCPMとCPMの違い
をご覧下さい。

関連記事:
ブログで収益を得るための基礎知識 – 広告の種類
Adsense公式アプリは早くてサクサク
AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
AdSenseで使う用語解説

  関連記事

セッション・PV数の季節要因の大きさ

多かれ少なかれ、どのサイトでも起きる現象だと思いますが、当ブログは、セッション数 …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

スマホ広告のnend(ネンド)
スマホスクロール型広告「nend」の成果報告 – CTRとeCPMを公開

先日当サイトに導入してみたスマホスクロール型広告の「nend(ネンド)」を試験導 …

STINGER5のスクロール広告が中途半端に表示される現象を解決!
STINGER5のスクロール広告が中途半端に表示される問題を解決!

WordPressの無料テーマであるSTINGER5を利用させて頂いているのです …

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

↑PageTop