AdSenseの広告タイプの設定が機能していない

 

先日、当ブログのPC表示で最上部に表示されるAdSenseのビッグバナー(728 x 90)の広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定変更しましたが、未だに「テキスト」が配信されている状況です。

#広告タイプ「ディスプレイ広告のみ」に設定変更した理由は、入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!をご覧ください。

再度、設定を見直し

AdSense管理画面の「広告の設定」から当該広告ユニットの広告タイプを確認します。

AdSense 広告タイプ

「イメージ」となっています。

広告タイプにGoogle推奨の「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択している広告ユニットは「テキスト/イメージ」となっています。

実際の配信状況

AdSense管理画面の
パフォーマンスレポート > 広告ユニット > ディメンションを追加 > 広告タイプ
を選択します。

実数を隠したため、何のレポートか分からなくなってしまいましたが、右端グレーの塗りつぶし部分が広告リクエスト数で、実際には実数が入っています。

AdSense 広告タイプ「テキスト」

結局、広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定しているにも関わらず、テキスト形式の広告が配信されている状況です。

「ディスプレイ広告のみ」が指す意味が想定と異なるのかもしれません。引き続き、要調査となってしまいました。

ひとまず、広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定することで、クリック率の悪いこのビッグバナーへインプレッション課金型広告(CPM)の配信割合を増やす取り組みは、現時点で失敗しています、、、

関連記事:入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!
関連記事:AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
関連記事:CPM単価を上げる方法
関連記事:日本のCPMは安いのか?

スポンサード リンク

  関連記事

All in One SEOのバグ noindexがnonoindexに
“noindex”が”nonoindex”に – All in One SEO Packのバグ

WordPressのSEOプラグインAll in One SEO Packですが …

ソーシャルの拡散効果がはっきり分かるGoogle Analyticsのレポート

facebook、twitterなどソーシャルの拡散効果がはっきり分かるデータが …

A8でアフィリエイトを始める時は会社バレに注意

個人がアフィリエイトを始めるなら欠かせない存在であるアフィリエイトASP大手のA …

CSSが反映されない場合は最初にキャッシュを疑いスーパーリロード
WordPressのスタイルシート(CSS)を編集しても反映されない場合

WordPressのテーマのスタイルシート(CSS)を編集しても表示に変化がない …

STINGER5とAll in One SEO PackでOGP設定する際はアイキャッチ画像のサイズに注意
STINGER5 × All in One SEO PackでOGPを設定する際は画像サイズに注意

WordPressの無料テーマであるSTINGER5 + SEOプラグインの&# …

↑PageTop