AdSenseの広告タイプの設定が機能していない

 

先日、当ブログのPC表示で最上部に表示されるAdSenseのビッグバナー(728 x 90)の広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定変更しましたが、未だに「テキスト」が配信されている状況です。

#広告タイプ「ディスプレイ広告のみ」に設定変更した理由は、入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!をご覧ください。

再度、設定を見直し

AdSense管理画面の「広告の設定」から当該広告ユニットの広告タイプを確認します。

AdSense 広告タイプ

「イメージ」となっています。

広告タイプにGoogle推奨の「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択している広告ユニットは「テキスト/イメージ」となっています。

実際の配信状況

AdSense管理画面の
パフォーマンスレポート > 広告ユニット > ディメンションを追加 > 広告タイプ
を選択します。

実数を隠したため、何のレポートか分からなくなってしまいましたが、右端グレーの塗りつぶし部分が広告リクエスト数で、実際には実数が入っています。

AdSense 広告タイプ「テキスト」

結局、広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定しているにも関わらず、テキスト形式の広告が配信されている状況です。

「ディスプレイ広告のみ」が指す意味が想定と異なるのかもしれません。引き続き、要調査となってしまいました。

ひとまず、広告タイプを「ディスプレイ広告のみ」に設定することで、クリック率の悪いこのビッグバナーへインプレッション課金型広告(CPM)の配信割合を増やす取り組みは、現時点で失敗しています、、、

関連記事:入札方法「CPM」の配信量を増やしてAdSenseの収益をUP!
関連記事:AdSenseのCPC収益とCPM収益の割合を公開
関連記事:CPM単価を上げる方法
関連記事:日本のCPMは安いのか?

スポンサード リンク

  関連記事

All in One SEO Packの落とし穴 – カテゴリーが”noindex”に

WordPressで必須プラグインの”All in One SEO …

Google Analytics
Google Analyticsから自分のアクセスを除外する方法

多くのサイト・ブログで利用されているアクセス解析ツール“Google …

A8に登録されている色々なSEOサービス
「詳しくはこちら」リンクは非効率

非常に多くのWebサイトで「詳しくはこちら」「詳しくはコチラ」というテキストリン …

日本のCPMは安いのか?

インプレッション課金型広告で用いられる主要な指標である”CPM&#8 …

Google Analytics
ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートを活用!

Google Analyticsの「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する …

↑PageTop